便秘薬を飲む行為が逆効果になってしまうこともある

薬

「なかなかお通じがないので、便秘薬を飲む」という行為は、便秘を患っている人にとっては当然の行為のように思われますが、実は便秘薬を飲む行為が逆効果になってしまうことがあります。

まずは便秘の種類を知ることが重要

便秘薬を飲むことが逆効果になってしまうことを説明する前に、まずは便秘の種類を知っておくことが必要です。

便秘には大きく分けると3種類があります。それは「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「器質性便秘」です。

弛緩性便秘はもっともポピュラーな便秘で、腸の動きが鈍いために発症する便秘です。筋力の弱い女性や高齢者に多く見られることが特徴です。

痙攣性便秘は弛緩性便秘とは逆で、腸の動きが激しすぎるために起こる便秘です。腸が必要以上に動いてしまうために便が渋滞を起こして詰まってしまい便秘になります。ストレスなどが原因となり、便秘と下痢を交互に繰り返すことがあります。

器質性便秘は消化器官やその他の疾患が原因となって起こる便秘です。腹痛や嘔吐などの症状と伴って突然便秘となることが特徴です。便秘の原因となっている病気の治療が必要なため、病院の診察を受けることが必要です。

便秘薬の役割とは

次に便秘薬の役割についてみていきましょう。便秘薬には大きくわけて2つの効能によって便秘を改善させます。

1つは、腸の動きを活性化させるというもの。小腸や大腸が消化物を押し出す動き、ぜん動運動を活性化させることで便秘を解消させます。

もう1つは消化物に水分を与えることで柔らかい便にして排出しやすくするというもの。浸透圧を高める塩基類や糖類によって腸内に水分が多くなるような状態にします。

便秘薬が逆効果となる便秘とは

さて、便秘の種類と便秘薬の役割がわかると便秘薬を飲んではいけない便秘がみえてきませんか?

そうです。痙攣性便秘については便秘薬を飲んではいけないのです。痙攣性便秘は腸の動きが激しすぎるために起こってしまう便秘なので、便秘薬を飲んで腸に刺激を与えてしまうと逆効果となってしまいます。

また、器質性便秘についても自己判断で市販の便秘薬を飲んだりはしないほうがよいでしょう。器質性便秘の場合にはまずは便秘の原因となっている病気を治療することが求められます。医療機関を受診すれば、医師が便秘や症状に合わせた薬を処方してくれるはずです。

痙攣性便秘にせよ、器質性便秘にせよ、便秘と下痢を繰り返したり、腹痛や嘔吐などの症状を便秘と併発している場合には安易に自己判断で市販の便秘薬を飲んだりしないほうがよいということになります。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る