シミウスに含まれているプラセンタの効果、副作用

馬

メビウス製薬が販売している薬用ホワイトニングリフトケアジェル、シミウスにプラセンタが含まれているのは知ってますか?

プラセンタの効果だけでなく、副作用も後悔しないためにもチェックしておきましょう。

読んで字のごとく。英語で「胎盤」

プラセンタはその名の通り、動物の胎盤のこと。
お腹の中にいる胎児に必要である各種栄養素を送る役割を担っています。
その為、プラセンタには豊富な成分が含まれており、「栄養の宝庫」と呼ばれるほどなのです。

シミウスのプラセンタがもたらす効果

シミウスに含まれるプラセンタにはタンパク質・ミネラル・ビタミン類・アミノ酸・活性ペプチド・成長因子などが含まれており、女性に嬉しい美容の効果もたくさんあります。

https://xn--gck7ah4mm39zzsyb.com/

・抗酸化作用

シミウスのプラセンタには、身体を錆びさせる活性酸素を除去してくれる効果があります。活性酸素は増えすぎるとシミやシワなどの老化の原因になるもののことです。プラセンタに含まれる活性ペプチドや酵素などの成分が、活性酸素を除去し、アンチエイジングに効果的なのです。

・コラーゲンの生成

プラセンタに含まれる成長因子がコラーゲンを生成する細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促してくれます。
他にも美白・抗アレルギー作用・血行促進など実にたくさんの効果をもたらしくてれるのが、プラセンタなのです。

プラセンタが唯一とれる食品

プラセンタは胎盤そのものなので、普段私たちが食べている食事に取り入れることは中々難しいと言えます。
しかし、豚のホルモンの一種である「コブクロ」から唯一直接プラセンタを摂取することができます。
豚の子宮である「コブクロ」は焼き肉屋さんや精肉店で購入することができるようです。

コリコリとしており、あっさりとした食感で、カロリーも低いのでホルモンが好きな女性にはおすすめです。

しかし入手できるルートが限られており、ひとつの食品を食べ続けるのは難しいですよね。またプリン体も含まれているので毎日続けるのは考えもの。
加熱してしまうと成分によっては壊れてしまうことも問題です。

プラセンタを手軽に効率よくとるには、無味無臭で毎日続けやすいサプリメントやドリンクがおすすめです。
またプラセンタの成分が含まれた化粧水などもあるようです。

プラセンタのさまざまなタイプ

プラセンタには動物由来のものと植物由来のものがあります。まず植物由来のものは動物由来のものに含まれている成長因子が入っておらず、美容効果が低く、また全くの別物と考えて良いです。

現在プラセンタの含まれているもので主流となっているのは豚・馬・羊があげられます。サプリメントやドリンクのほとんどがそのいずれかになっています。
また、美容外科で取り入れられているプラセンタ注射のみヒト由来のものが使用されています。

シミウスは大丈夫?気をつけたいプラセンタの副作用

過去日本では1度だけ、プラセンタの肝臓機能に障害をきたした例があるようです。

本来は副作用の心配は少ないと言える成分ですが、なかには眠気や不眠・ホルモンバランスの乱れ・便がゆるくなると言ったことがあるようです。

サプリメントに含まれている動物由来のもののなかでも、病気にかかりやすい豚よりも馬・羊由来のプラセンタの方がより安全性が高く効果的なようです。

また、ヒト由来であるプラセンタ注射は効果が非常に期待できますが、注射の頻度をむやみに多くしたり投薬量を多くするとアレルギーや下痢・胃痛などの副作用のリスクが高まるので注意が必要です。プラセンタ注射の適切な頻度は最初の2ヶ月間は週に1~2度、それ以降は月に2、3回と注射するのが良いとされています。また、継続して打つことで効果がでるとされているので、費用の面から考えても慎重に検討する必要があります。

また、プラセンタ注射をすると、感染のリスクがあると言った点から、献血をすることができません。マッサージジェルのシミウスはそこまで神経質になる必要もありません。

プラセンタは病気を予防する効果もあり、さらに女性に嬉しい美容成分がたくさん入っているまさに万能成分と言えますが、食品から取り入れるのは中々難しそう・・・なのでまずはサプリメントやドリンクから試してみるのが良いですね。また、どんな成分にもいえることですが過剰摂取は避け、適切な量を守るようにしましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る