ニキビ対策は洗顔・食生活・睡眠が重要

洗顔

ニキビの対策として、洗顔は大切なスキンケアになりますが、洗顔方法が間違っていると逆効果になってしまうため、毎日行っている洗顔のやり方を見直す必要があります。

オールインワンゲルで上手なニキビケア→メルライン

洗顔を一日に何度も行う方がいますが、何度も行うことで、肌に必要な保湿成分も洗い流している可能性もあります。肌の乾燥は様々な肌のトラブルとなってしまうため、洗顔は1日に1回か2回程度にしましょう。

顔の洗い方でも、肌をゴシゴシと洗う方がいますが、肌を刺激してしまって肌トラブルの原因となります。洗う時には、肌を刺激しないように泡だけで洗うようにしましょう。泡をすすぐ時にも、洗顔の洗い残しが無いように注意します。洗い残しは肌の炎症などのトラブルにつながってしまいます。

食生活の見直し

食生活が乱れていると顔にニキビが出来やすくなってしまいます。早くニキビを改善したい方は、脂質と糖分が多く含まれる食べ物をなるべく口にしないことです。

お菓子も肌荒れを起こすものが多いため、食べるのを避けたほうが無難です。食事としては、ヘルシーな和食がおすすめとなります。ダイエットにも美容にも良いため、女性にはピッタリの食事となります。食品の中では、発酵食品が腸内環境を整えてくれるため、肌に良いとされています。腸と肌には深い関係があり、腸内環境が悪化すると悪い血液が身体に回り、肌にニキビとして出やすくなります。

睡眠の見直し

人は眠っている間に肌が作られます。睡眠の質が悪くなると、肌を作る力が弱まってしまいます。睡眠の質を下げるものとして、煙草、お酒、コーヒーがあります。

煙草とお酒は眠る数時間前には控えるようにしましょう。コーヒーに含まれるカフェインには、脳を覚醒する効果があるため、夕方以降には飲まないようにしましょう。

わずかな音や光でも目が覚めてしまわないように、耳栓やアイマスクを使用して睡眠の質を上げることが出来ます。その他に、肌が最も作られる時間帯は0時前後となるため、11時までには眠るように心掛けましょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る